TOP>>奢られる時に好印象を与える

奢られる時に好印象を与える

『奢る男性』の心理

女性に食事やお酒を奢る男性の心理は、 「好きだから」「下心がある」「かっこつけたい」「男性が払うもの」と 様々ですが、ほとんどは女性に良いところを見せたいと思っています。

「下心」には注意が必要ですが、 基本的には、あたなに好意があると思ってよいです。

  • 奢られ時に良い印象を与える方法

    初デートはお金を出すことなく受け入れて、きちんとお礼を言うのが吉ですが、 それ以降のデートでは、少し考えて良い印象を与えましょう。
    ※初デートの会計の際、財布を出す素振りは必ずしてください。

    • こっそり渡す

      レストランのスタッフにばれないように、こっそりとお金を渡すのは良い手です。

      男性は会計のとき、自分の財布から女性の分までかっこよく支払いたいものです。
      こっそり渡すことで、男性のプライドが守られ、 尚且つ、男性はあなたのことを「男を立てるいい女」と感じます。
    • 安い金額のみ奢ってもらう

      お金に余裕がない時にも、男性は奢ろうとしてきます。
      そのせいで、デートの回数が減り、関係が停滞するのはよくありません。

      映画やお茶など、安い金額のみ奢ってもらい、 夕食など、高い金額の場合は割り勘にします。

      男性はますますあなたのことを好きになるはずです。
    • 男性より少なめに出して、笑顔で「ありがとう」

      男性は「かっこつけたい」と考える反面、 「女性にも少し気を使ってもらえるとありがたい」とも思っています。

      会計時に、細かい金額は出すなどをすると、 男性の「かっこつけたい」気持ちと、「気を使ってもらいたい」気持ちの両方を、 カバーすることができます。

      いずれにせよ、「ありがとう」の一言は忘れないでください。
TOPへ戻る