TOP>>嫌われる話し方

嫌われる話し方

  • 人に嫌われる話し方『チェックポイント』

    会話がうまく盛り上がらないとお悩みの人は、 知らず知らずのうちに人に嫌われる話し方をしているかもしれません。

    では、人に嫌われる話し方とはどのようなものでしょうか。

    • 5つのチェックポイント

    • 1.小馬鹿にしたように話す
    • 2.自慢話ばかり話す
    • 3.相手が興味を持っていない話題を延々と話す
    • 4.すぐに感情的になる
    • 5.常に昔のことを持ち出す

嫌われる話し方を理解し改善しましょう

嫌われる話し方をすると「あの人とはもう話したくない」と思われてしまいます。
会話が上手い下手以前の問題ですね。

さらに、独りよがりの意見にとらわれている人も、相手に不快感を与えて嫌われます。
独りよがりの人は、自分の意見が正しく、自分と違う他人の意見は、 間違っていると考えています。
だから他人の意見に同意はせず反論して、相手の間違いを正そうとするのです。
こういう人があなたの周りにいませんか?

正直言って、こういう人とはあまり話したくはない。
そう思ってしまうのが普通のことではないでしょうか。
独りよがりの人は、 世の中には様々な価値観があり、感じ方や考え方があることを理解していません。

間違いを正すことは相手のためだと思い込んでいるが、 深層心理では優越感を感じたいと思っていることに気づいてないのです。

時には、徹底的に議論をしなければいけないときもありますが、 その場合はお互いに意見をぶつけ合い、考え方の違いを明らかにしていくことが重要です。

しかし、日常会話において、自分の意見を相手に押しつけることが必要なのでしょうか。
仮に相手が黙ってしまっても、それは納得したからではなく、 不快になり、「もう話をしたくない」と思っているだけではないでしょうか。

会話とは、お互いを認め合うことからはじまります。
人と話をするときには、相手の意見をできるだけ尊重することが大切で、 常に自分の考えと違う人もいるということを頭の片隅においておく必要があります。

人に嫌われる話し方をしていては、成婚率はぐっと下がります。
思い当たる方は気をつけてください。

TOPへ戻る