TOP>>会話はお相手の目を見て

会話はお相手の目を見て

目線で好感度をあげる

婚活をしているとよく人に会います。
そんな時、相手のどこを見て良いのかわからないと、お悩みではありませんか?

それはもちろん「相手の目」です。
会話の最中は極力気を散らさず、きちんと相手の目を見つめて話しましょう。
男性も女性も目を見つめられるとドキッとしますし、 「話を真剣に聞いてくれて嬉しい」と、好感をもたれやすくなるためです。

目を見て話さないとどうなるか

嘘をついている人は、相手の目を見て話しません。
もし目を合わせていたとしても、何となく焦点が合わず、左右に泳いでたりするものです。
相手がずっと下を向いて話をしてきたり、挙動不審であったりすると、 良い印象ではありませんよね。

目を見ないというのは、
相手に「嘘をついている」「話に自信がない」と感じさせてしまい、 悪い印象を与えてしまいます。
また、基本的に嫌いな人とは「目も合わせたくない」と思います。
目を合わせないと、 間接的に「あなたのことを好きではない」といっているようなものです。

見るテクニック

目を合わせるのが苦手という人は、目そのものでなくてもよいので、 相手の眉間あたりに焦点を合わせるようにしましょう。
相手はあなたが目を見て話しているように感じます。
これだけでも、与える印象に大きな差が出るものです。

自分が立っていて、相手が座った状態で会話すると、自然と相手を見下ろす形になります。
この場合、「上から見ている」というネガティブな印象を与える危険性があります。
目の高さは、できるだけ相手と同じ高さに合わせるように心がけましょう。

TOPへ戻る