TOP>>レストランマナー

レストランマナー

レストランマナーの心がけ

高級レストランなどに食事に行く前に心がけたい事があります。

香りの強すぎる香水は料理の味を損ねる場合があり、 控えめの香りのする香水するか、会食の時はなるべく控えて下さい。

また、食事の途中で席を立つのはマナーに反するといわれてます。
トイレなどは先に済ましておくことを忘れずに。

着席のマナー

洋食レストランでは、ウェイターの案内に従うこと。
自分勝手に好きな席に着いたりしないようにしましょう。
ちなみにウェイターをギャルソンとも呼びます。

またドアから入るのも、席に着くのもレディーファーストが原則です。
男性は女性が着席してから席に着きましょう。

着席はウェイターが椅子を引くのを待ち、左側から椅子とテーブルの間に入り、 ウェイターが椅子を押してくれるので、足に椅子が触れたら腰掛けます。

綺麗で正しい座る姿勢は、着席したら背筋を伸ばして、 深く腰掛けて体とテーブルの間を握りこぶし2つ分ぐらい空けます。

食事が始まるまでは、姿勢を正して手を膝の上かテーブルのふちに軽く乗せましょう。
脚を組んだり、テーブルの上で肘をついたりするのはマナー違反なうえ、 お相手に失礼な行為になりますので注意してください。

女性のバックはテーブルには置かず、背中といすの背もたれの間に置くようにしましょう。
肘かけがある椅子ならをバックも脇に置いてもいいですし、 膝の上に置いてナプキンをかけるのもいいので、気にならない場所に置くと良いでしょう。

レストランによってクロークがあるので大きな荷物は事前に預けるようにしましょう。

ナプキンのマナー

マナーの良いナプキンの使い方は、料理が来るまでは2つ折りにし、 折り目を体側に向けて、膝の上におきます。

ウェイターが料理を運んで来たらナプキンを膝の上で広げましょう。
口元を拭く際は、ナプキンの角あたりで拭き、 中座するときは、軽く畳んでからいすの上に置き、席を離れてください。

このように、ナプキンひとつでもマナーは色々あります。
出来る限り覚えて正しく振るまでば、 マナーでお相手を不機嫌にさせることなく食事を楽しめます。
婚活に役立つだけじゃなく、仕事でも重宝しますよ。

タバコのマナー

最近では禁煙のレストランなどが多くありますが、 タバコを吸う方は灰皿があっても 食事中はタバコを我慢して、 デザートが運ばれてから吸いましょう。

タバコを吸う時は同席者に「タバコを吸ってもよろしいでしょうか」 とお断りをいれるのを忘れずに。

タバコを嫌いな方は喫煙者が考えるよりタバコの匂いを不快に思っています。
事前にそのような方が同席するのが分かっているのなら 吸わない方が吉でしょう。

TOPへ戻る