TOP>>第一印象を良くする綺麗なお辞儀

第一印象を良くする綺麗なお辞儀

綺麗なお辞儀をする方法

まずはお辞儀をする前の一般的に礼儀正しいとされている立ち姿です。
あごを少し引いて、顔のT字線を水平して目線を水平化からやや下に向けて肩の力を抜き 自然に腕を下ろす所までは男性、女性、共に一緒です。

男性は、 指先そろえ親指がお相手に向けて、両足モモの横あたりに揃えます。
両足の膝とくるぶしを特に意識して、均等に少し体重を与えるのも意識しながら かかとを付けて足先を少し開いて立ちます。

女性は、 両手をへそのすぐ下辺りに両親指くるようにして軽く合わせ、 足先をつけて立つのが礼儀正しいです。
会釈は胸を張り過ぎないよう張り、お腹の筋肉への意識は忘れず、 膝が曲がり過ぎないように約15度腰を下げます。

お見合いなどで座ってお辞儀をする場合は、 足の親指と膝をそろえて正座をして、畳や床に指先をおき、上体を約30度たおして下さい。
お相手の両親にお辞儀をする場合は上体を約45度たおしてください。

婚活会社のスタッフは綺麗にお辞儀をする人が多いように感じます。
どのようなことに気を使ってお辞儀しているのかアドバイスを聞くのもアリです。

目を見ると緊張する方へのアドバイス

お相手の目を見ると緊張する方は お相手の鼻と口の間を頂点の真ん中にして、縦は頂点から胸の辺りで、 横は肩幅から少し小さい四角形を作り、見るようにするといいですよ。

足元見たり、目線をあまり動かさないで下さい。
暗い印象や落ち着きの無い印象を与えてしまいます。

TOPへ戻る