TOP>>婚活パーティーでの時間配分

婚活パーティーでの時間配分

限りあるパーティーの時間を有効活用

パーティは限りある時間でお相手を探すことになります。
時間に区切りがあるのはスケジュールが立て易い利点にもなります。

まず、パーティ会場で受付をしますが、参加者が多いと受付にも時間がかかります。
時間に余裕があれば開始の30分前ぐらいには会場周辺に行くことをお勧めします。

パーティではお一人と時間かけて話すより、お相手の候補の数名とお話します。
ここでも、ある程度のスケージュールを事前に考えておくといいでしょう。

例えば、パーティ時間が2時間で候補の方が4名いるとします。
20~30分司会進行時間除くと約1時間半が会話する時間となります。

なので、お一人の会話時間は約20分間しかありません。
約20分しかない時間で自分を売り込むのは難しいのでは?と思いでしょうが、 短く具体的な内容で自分を売り込めばいいのです。

短い時間で興味をわかせる話し方

具体的に伝えることは難しいとは考えないで下さい。
あなたの仕事や趣味の要点を伝えるだけでいいのです。

初めてお会いする方に見栄を張りたい心理が働きますが、 現実味が無いお話はお相手の興味を失わせます。
正直に自分のことを相手に伝えることが重要です。

例えば、職業が医者であれば、「残業が多くて大変」ではなく、 「最近は医者が減ってきているので残業が多いけど。
つらそうな患者さんを見てると時間を忘れてしまう」が良いでしょう。

これで内容が具体的になりますし、仕事に対する意識や責任感が強いことを伝えれます。
しかも短時間で人間性を伝えれます。

ここまで、自己紹介を含めると5分ほどでしょう。

ただ、アピールをしすぎるのは、よくありません!
あくまで、お相手がいるのを忘れずに聞き上手にもなりましょう。

お相手の自己紹介を含めると残り10分程、残りの時間は携帯電話の操作や メールアドレスが分からない方もいるので、 連絡先の交換やデート約束など具体的なアプローチに使いましょう。

大体のスケジュールを考えておけば、限りある時間でもパーティを有効に使え、 婚活のスピードも上がるでしょう。

パーティ終了後、2次会がある時もあります。
パーティで話せなかった方とも会話することもできますし、 再度、気になる方にアタックするチャンスでもあります。

パーティーでの心得

初めてのパーティに参加前に心得て欲しい事があります。
それはお相手を待つだけではなく自ら行動する事です。
ビジネスでは「いいものは早く売れる」といいますよ。

それと、パーティには対象年齢制のパーティもありますので、 年齢が気になる方や、お相手の歳を指定したい時に利用しましょう。

また、パーティの終了後、お相手の愚痴やパーティーの愚痴は言わない。
密かに心を寄せていた方からお誘いがあることもしばしば。
それに、愚痴を多く話す方が苦手な方がいるので、心の中で言って下さい。
普段から心がけていると本番でも成功します。

些細な心がけだけで、成婚率を少なからず上げる可能性もあります。

婚活に慣れてくると、週末はパーティで婚活、 スケジュールが開いてしまった時や気分を変えて 婚活をしたい時などに、パーティに参加する方が多くいます。
時間配分を考えることでライバル達の一歩先をいきましょう。

さらに、自分で立てたスケジュールを事前に婚活支援の コンシェルジュなどに相談をしておくとより効果的になるでしょう。

TOPへ戻る