TOP>>きれいに見せる写真の撮り方

きれいに見せる写真の撮り方

きれい・かっこよく見せる写真の撮り方

プロフィールなどに自分の顔写真を載せる場合、 きれい・かっこよく、自分を撮ったほうが、間違いなく婚活に有効です。

なぜなら、容姿で相手を選ぶ人がいるためです。

写真をみて、その顔が好きではない場合、会うことはめったにありません。
実際に会って、「詐欺だ」と言われるかもしれませんが、 会わないより会う方が、婚活成功の確率を飛躍的にアップさせます。
会うことで、その人を内面から好きになることが多々あるためです。

女性向け写真の撮り方

まずはしばらく目を閉じます。
しばらく目を閉じてから開けると、瞳孔が開いて大きな黒目になるためです。
人間は興味のあるものを見ると、瞳孔が開きます。
瞳孔が開いた写真は、 その写真を見る人が自分に興味があるように錯覚を起こす効果があるため有効です。

目を大きく見せたい人は、不自然に大きく目を見開くのではなく、 鼻からゆっくり大きく息を吸い込むと、目を自然に大きく開くことができます。
大きく開いた目は、明るい印象を与えることができます。

「レフ」板を使うのもかなり有効です。
「レフ」板とはプロのカメラマンが使う「反射板」のことです。
誰でも簡単に作ることができ、段ボール箱など何か厚みのある大きなものに、 アルミホイルを貼るだけで大丈夫です。
美肌に見せたり、目鼻立ちがはっきりとする効果があります。

男性向け写真の撮り方

男性向け写真の撮り方のコツは、 カメラに向かい、前傾してから顔を上げてカメラを見ると、二重顎になりません。
逆に体を後ろにそらして顎を引くと、二重顎が目立ちます。

スマホのカメラで撮る場合は、設定を日陰・曇りのモードにして、 フラッシュはオフにします。
画質は低めに設定して、明るさはMAXにしましょう。
そして逆行で撮ると男前に写ります。

TOPへ戻る