TOP>>ライバルの一歩先を行くメールテクニック

ライバルの一歩先を行くメールテクニック

  • 親近感を演出するメール術・モテメール術

    婚活を上手く進めるためには、テクニックが必要です。
    重要なコミュニケーション手段のひとつ、メールを上手く活用して、 相手の心を掴みライバルの一歩先を行きましょう。

    • 相手の名前を文面にまぎれこませる

      「○○さんとご一緒したときに」のように、 さりげなく文面に相手の名前を入れてみましょう。
      メールでも名前を呼びかけられると心理的に親近感がわくものです。
    • はじめは軽いおしゃべりから

      まだ親しくない相手にいきなり「愛しています」は重過ぎます。
      まずは、軽いおしゃべり感覚で相手との距離を縮めていきましょう。
      何度もメール交換を重ねれば、だんだんと気になる存在になっていくものです。
      焦りは禁物ですよ。
    • 気遣いメールで気持ちをアピール

      風邪や怪我などで相手と会えないとき、お見舞いに行くのははばかられても、 メールならOKです。
      「大丈夫ですか」だけではなく、「顔を見られないと寂しいです」など、 心遣いが伝わるメッセージ付け加え、相手の心をくすぐりましょう。
    • 感謝メールでさりげなく好意を伝える

      何か手伝ってもらったりして感謝メールを送るときに、 「本当にありがとうございました」に加えて、「とてもうれしかったです」と さりげなく好意を添えてみましょう。
    • 用件メールだけなら一言だけメッセージ

      あくまでも用件の話に中心を置きますが、その中に1、2行、 好意が伝わる印象的な言葉をまぎれこませることで印象は良くなります。

返信のマナーも忘れずに!

相手からのメールの返信は、その日中に出すのがマナーです。
メールに限らず、レスポンスが早いとうれしいものです。

返事はできるだけ早く出しましょう。すぐにレスポンスがあるだけで、 相手に対する印象はとても良くなるものです。

これらのテクニックを使えば、相手との距離は縮まるはずです。
ただ、メールに書く内容が本心でなければ、相手に見破られ、 距離が縮まるどころか嫌われてしまうこともありますので注意してください。

TOPへ戻る