TOP>>独身証明書の準備

独身証明書の準備

独身証明書とは?

独身証明書は民法第732条「配偶者のある者は、重ねて婚姻をすることができない」と、 重婚の禁止を定めた規定に抵触しないことを証明する、公的に「独身であること」を 証明する書類です。

『婚活サイト』や『結婚相談所でサービス』を受ける場合、 独身証明書の提出が必要な場合があります。
書類を事前に準備をしておきましょう。

独身証明書は本籍地のある市町村区役所で発行していますが、 窓口で申請する方法と郵送で請求する方法がありますので、 本籍を現住所に移してない方や窓口で申請に行く時間がない方は 郵送で請求するとお手軽でいいですよ。

  • 独身証明書取得方法

    • (1)窓口で申請

      窓口で申請する場合は、 本籍がある市町村区役所の戸籍関係窓口などで発行しています。

      各市町村区役所よって多少の違いはありますが、 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなどの写真付きの証明書や、 写真付きの証明書をお持ちでない方は健康保険証、介護保険証、 年金手帳、年金証書などの証明書を2点以上の提出などが必要ですので、 申請に行く際は忘れずに持っていきましょう。

      ※本人確認書類をお持ちでない場合は各市町村区役所にお問い合わせして下さい。
      ※発行手数料は各市町村区役所によって違いますが、 200円~300円ほどになります。
    • (2)郵送で請求

      郵送で請求をする場合は、本籍がある市町村区役所ホームページで ダウンロードできる戸籍謄抄本等交付申請書、 もしくは便せんなどで自ら作成する交付請求書類、 (本籍、筆頭者の氏名と生年月日交付請求、申請する証明書の書類と通数、 使用用途と書類の提出先、請求者の住所・氏名・連絡先の電話番号など)、 各市町村区役所よって多少の違いはありますが、 運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなどの 写真付きの証明書や写真付きの証明書をお持ちでない方は 健康保険証、介護保険証、年金手帳、年金証書などの証明書を2点以上のコピー、 返信用切手を貼った返信用封筒、ゆうちょ銀行(郵便局)で 購入可能な 「定額小為替(ていがくこがわせ)」 もしくは現金の場合、現金書留で支払う手数料が必要となります。

      また、証明書の発行手数料は各市町村区役所によって違いますが、
      • ・独身証明書発行手数料 200円~300円
      • ・通常郵便料金の返送分切手代を含めて 80円×2通=160円
      • ・速達郵便の場合は、通常郵便料金に速達郵便料を加えた切手代。
        80円+270円=350円
      • ・簡易書留が必要な場合は切手代 300円
      ※発行手数料のおつりは出ないようしましょう。
      ※「速達」、「簡易書留」を利用する場合は赤字で記入しておきましょう。
      合計400円~1,000円ほどの料金となります。

      発行にかかる期間は、 だいたい、郵便が戸籍係に届いた翌日には発送してくれますので、 特に本籍が遠方にある方は、郵送で申請すると安くて手軽で便利です。
    • (3)委任状

      『独身証明を取りに行く暇がなく、代理の方でも取り寄せられるの?』と お悩みの方もいらっしゃると思いますが、家族や代理人の方でも、 委任者が自書した委任状があれば、取り寄せることが可能ですのでご安心下さい。
      但し、婚活会社の方からは請求できませんので注意が必要です。

      委任状に記載する事項ですが、書面を作成した年月日、 委任者の住所・氏名・押印電話番号・代理人の住所・氏名、 委任事項(例えば独身証明書申請に関する一切の権限など)を記載します。

      委任状の記載内容をお悩みの方は各市町村区役所ホームページで様式が ダウンロード可能な場合もあります。

      申請の際は代理人も本人確認書類がいるので、代理で申請して貰う時は、 事前に代理人に伝えておくと代理人が申請の際に困りませんよ。

独身証明書の種類

結婚相談所などに提出する証明と婚姻要件具備証明書と呼ばれる国際結婚をする方が 提出する証明があります。

各市町村区役所によって手数料などの違う場合があります。
また、業者が指定している独身証明書様式の提出する必要な場合があります。
申請の際は本籍のある市町村区役所に電話して、 「結婚相談所などに提出する独身証明を取りたいのですが?」と、 前もって確認することをオススメします。

TOPへ戻る